ネットワークバリューコンポネンツ <3394> (東マ)は、ネットワーク関連製品の輸入販売・運用・保守事業を展開し、中期成長に向けてパートナー企業との協業も推進している。収益改善基調でサイバーセキュリティ関連としても注目される。株価は地合い悪化も影響して水準を切り下げたが売られ過ぎ感を強めている。反発のタイミングだろう。 ■情報通信ネットワーク関連製品の輸入販売・運用・保守事業を展開 ・・・・

続きを読む