ムゲンエステート <3299> は急反落し、午前9時39分に440円安(19.59%安)の1806円を付けた。

 15日引け後、東証本則市場への上場承認を発表したが、同時に公募増資などを発表したことで1株利益の希薄化や需給悪化を懸念した売りが優勢となった。

 公募増資は90万株で、オーバーアロットメントによる追加売り出しに伴い、26万2500株の第三者割当を実施する。約25億8200万円を調達し、運転資金の一部に充当する予定。また、同社会長の藤田進氏らが合計85万株を売り出す。発行価格は25-28日に決定する。

 なお、東証への市場変更予定日は2月5日。所属部は発行価格決定日以降に決まる。(編集担当:宮川子平)