京写 <6837> (JQS)はプリント配線板の大手メーカーである。自動車ヘッドライトのLED化進展や、京都大学との次世代無線通信技術「カオスCDMA」の共同研究が注目され、政府がLED照明の普及を促進するため白熱灯に対する規制を強化する方針であることも追い風だ。株価は地合い悪化も影響して軟調展開だが売られ過ぎ感を強めている。16年3月期減益予想の織り込みが完了して反発のタイミングだろう。 ・・・・

続きを読む