ティムコ <7501> (JQS)はフィッシング用品およびアウトドア用品の企画・販売事業を展開している。株価は地合い悪化も影響して昨年来安値圏だが売られ過ぎ感を強めている。16年11月期は収益改善基調が期待され、0.2倍近辺の低PBRを見直して反発のタイミングだろう。なお1月19日に15年11月期の決算発表を予定している。

■フィッシング用品とアウトドア用品の企画・販売

 フィッシング用品とアウトドア用品の企画・開発・販売事業を展開し、アウトドア衣料ブランド「フォックスファイヤー」の商品力強化や、直営店舗「フォックスファイヤーストア」の収益力向上に取り組んでいる。

 20年東京夏季五輪開催に向けて、登山・アウトドア・スポーツ関連の需要盛り上がりも期待される。

■15年11月期増益予想、16年11月期も収益改善基調期待

 前期(15年11月期)の非連結業績予想(7月8日に減額修正)は、売上高が前々期比3.1%減の28億40百万円、営業利益が同46.5%増の37百万円、経常利益が同10.8%増の40百万円、純利益が同47.9%増の12百万円としている。配当予想(1月16日公表)は前期と同額の年間12円(期末一括)で予想配当性向は281.7%となる。

 第3四半期累計(12月~8月)は、売上高が前年同期比3.2%減の20億68百万円、営業利益が12百万円の赤字(前年同期は19百万円の赤字)、経常利益が7百万円の赤字(同12百万円の赤字)、純利益が23百万円の赤字(同21百万円の赤字)だった。消費増税後の消費マインド低迷の長期化などで減収だったが、営業赤字は縮小した。

 セグメント別(連結調整前)に見ると、フィッシング事業は売上高が同9.9%減の7億15百万円、営業利益が同14.7%減の93百万円だった。フライ用品は堅調だったが、ルアー用品が仕入計画の遅延や取引先小売店での販売低調で苦戦し、円安に伴う輸入商品の原価上昇や在庫品値下げ販売も影響した。

 アウトドア事業は売上高が同横ばいの13億31百万円、営業利益が同27.4%増の56百万円だった。富士登山ブームが沈静化したが、防虫素材「スコーロン」を使用した衣料品の販売強化で春夏物衣料が堅調だった。

 その他(不動産賃貸収入など)は売上高が同72.8%増の22百万円、営業利益が同79.3%増の16百万円だった。賃貸面積の増床が寄与した。

 四半期別の推移を見ると、売上高は第1四半期(12月~2月)6億31百万円、第2四半期(3月~5月)7億62百万円、第3四半期(6月~8月)6億75百万円で、営業利益は第1四半期31百万円の赤字、第2四半期33百万円、第3四半期14百万円の赤字だった。

 基本戦略として規模の拡大よりも内容の充実に重点を置き、アウトドア衣料ブランド「フォックスファイヤー」の商品力強化などで、着実な収益向上に努める方針としている。そして今期(16年11月期)は、店舗オペレーション効率化や販管費圧縮などの効果も寄与して収益改善基調が期待される。

■株価は売られ過ぎ感、低PBRを見直し

 株価の動きを見ると、540円~580円近辺のボックスレンジから下放れ、地合い悪化も影響して水準を切り下げた。1月12日には昨年来安値となる498円まで下押した。ただし売られ過ぎ感を強めている。

 1月13日の終値510円を指標面で見ると、前期推定PER(会社予想のEPS4円26銭で算出)は120倍近辺、前期推定配当利回り(会社予想の年間12円で算出)は2.4%近辺、前々期実績PBR(前々期実績のBPS2350円51銭で算出)は0.2倍近辺である。時価総額は約17億円である。

 週足チャートで見るとボックスレンジから下放れて調整局面だが、1月12日の昨年来安値で下ヒゲをつけて底打ち感を強めている。16年11月期は収益改善基調が期待され、0.2倍近辺の低PBRを見直して反発のタイミングだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)