上海総合指数は13日、前日比18.25ポイント高(0.60%高)の3041.11ポイントで寄り付き、もみあいに。前日比0.39ポイント安(0.01%安)の3022.47ポイントで前場は引けた。

 金融銘柄はもみ合う地合いが目立つ。中信証券(600030)が0.31%高、東興証券(601198)が0.15%安、保険会社大手の中国平安(601318)が0.22%高。

 12月31日に新規上場した銘柄のうち、岩塩を採掘・加工販売する井神股フェン(603299)と庭園などの設計工事を行う乾景園林(063778)がストップ高。上場から9日間、連続で記録している。

 滬深(CSI)300指数は前日比24.77ポイント高(0.77%高)の3240.48ポイントで寄り付き、上海総合指数と同じ様相を見せた。前日比5.44ポイント高(0.17%高)の3221.15ポイントで前場が引けた。

 香港ハンセン株価指数は前日比317.10ポイント高(1.61%高)の20028.86ポイントで寄り付き、しっかり。前日比468.39ポイント高(2.38%高)の20180.15ポイントで前場が引けた。(編集担当:大平祥雲)(イメージ写真提供:123RF)