■昨年2月の高値からそろそろ1年になり日柄調整は十分の態勢

 BEENOS <3328> (東マ)は13日、10時30分頃から何度もストップ高の1655円(300円高)で売買をこなし、後場もストップ高で始まった。eコマース事業や新興国企業への投資育成などを行い、13日付で「当社インド投資先の「ShopClues(ショップクルーズ)」が(中略)米国大手投資ファンド等より資金調達を完了」と発表。好感されたようだ。昨年来の株価は2015年2月の4385円を高値に調整基調が続いており、高値からそろそろ1年になるため日柄調整は十分になる。1月28日に第1四半期決算(2015年10~12月)の発表を予定。発表の内容によっては調整一巡感が強まる可能性がありそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)