中国で金融市場が不安定となっている。1月4日、7日の両日に上海総合指数はともに7%も下落し、株価の急変動を防止することを目的としていたサーキットブレーカーが発動、取引が終日中止に追い込まれた。

 中国政府・証券監督管理委員会(証監会)は7日夜に「サーキットブレーカー」制度をいったん取りやめると発表したが、中国株式市場が落ち着きを取り戻せるかどうかは不透明な状況だ。

 ・・・・

続きを読む