【12日の東京株式市場】
▽東証1部
 日経平均株価 1万7218.96(-479.00)
 TOPIX 1401.95(-45.37)
 値上がり33/値下がり1890/変わらず12
 出来高26億3516万株/売買代金2兆9731億円
▽その他の指数/為替
 JPX日経400 1万2624.58(-405.19)
 東証マザーズ指数 822.11(-52.03)
 ジャスダック平均 2517.20(-77.30)
 円相場1ドル=117.35/1ユーロ=127.82(午後5時)

【上昇銘柄】
▽ホンダ <7267>  3503 +1
 日経平均採用銘柄で唯一の上昇銘柄。16年度世界販売520万台目標と伝わる
▽エストラスト <3280>  622 +100
 ストップ高。株主優待制度の導入を好感
▽ジェイコムHD <2462>  1639 +221
 昨年来高値。16年5月期業績・配当予想の上方修正や株主優待制度導入を発表
▽栄研化 <4549>  2290 +252
 シスメックス <6869> との業務提携を好感
▽島忠 <8184>  2709 +108
 16年8月期第1四半期は営業益34.5%増
▽ホシザキ <6465>  7820 +220
 ゴールドマン証が投資判断を引き上げ
▽東製鉄 <5423>  711 +17
 16年3月期業績予想を上方修正、営業増益予想に転換
▽SJI <2315>  61 +30
 ストップ高。テックビューロとブロックチェーン技術の実証実験などで協業
▽ブロッコリー <2706>  389 +80
 ストップ高。KLab <3656> と業務提携
▽サイオス <3744>  613 +100
 ストップ高。機械学習IT運用分析ソフトをトレンド <4704> が採用
▽ローツェ <6323>  895 +99
 一時ストップ高。16年2月期の業績および配当予想を上方修正
▽技研製 <6289>  1597 +110
 16年8月期第1四半期は営業利益2倍に

【下落銘柄】
▽イオン <8267>  1602 -177.5
 16年2月期第3四半期は最終赤字に転落
▽国際帝石 <1605>  1035 -64
 WTI原油が12年ぶりの安値。石油資源 <1662> なども安い
▽JX <5020>  441.6 -26.2
 16年3月期は最終赤字2000億円前後と報道
▽マツダ <7261>  2113 -107.5
 ドル・円の戻りの鈍さが売り材料に
▽三菱重工 <7011>  482 -21
 昨年来安値。長崎造船所で建造中の客船で火災と伝わる
▽トクヤマ <4043>  231 -10
 クレディスイス証が投資判断を引き下げ
▽マニー <7730>  2015 -197
 昨年来安値。16年8月期第1四半期の減益着地を嫌気
▽愛知鋼 <5482>  480 -40
 知多工場の爆発事故による影響を懸念
▽買取王国 <3181>  570 -100
 ストップ安し昨年来安値。16年2月期利益予想の下方修正を売り材料視
▽暁飯島 <1997>  1750 -215
 16年8月期第1四半期は営業益35%減