日本を訪れる中国人旅行客の間で人気が高かった製品の1つに、電気炊飯器がある。中国で「日本メーカーの電気炊飯器でご飯を炊くと、とても美味しく炊きあがる」という消費者のクチコミや評判が広まり、自然発生的にブームが起きたと言えるだろう。

 だが、中国人消費者にとって人気のある電気炊飯器は日本メーカーの製品だけではないようだ。韓国メディアの亜洲経済の中国語電子版は6日、韓国メーカーの電気炊飯器の対中輸出規模は日本を抜いて1位になる見込みだと伝えた。

 記事は、韓国貿易投資振興会の発表を引用し、2014年の韓国の電気炊飯器の対中輸出額は1479万ドル(約17億5482万円)に達し、輸出額で1位の日本にわずか20万ドル(約2372万円)の差まで迫ったと主張。さらに12年から14年にかけて韓国の電気炊飯器の対中輸出額は年60%の成長を見せたとし、「15年も同様に成長していれば、すでに韓国メーカーの電気炊飯器の対中輸出額は日本を抜いているはずだ」と論じた。

 さらに中国のネット通販サイトにおいて、韓国メーカーの電気炊飯器の販売台数はすでに日本メーカーの販売台数を超えていると主張し、15年11月には中国の大手通販サイトで韓国メーカーの電気炊飯器が販売ランキングで1位になったこともあると紹介した。

 韓国が日本を引き合いに出し、電気炊飯器の分野においてまで日本の対中輸出額を上回った可能性を論じるのはある意味で驚きだ。だが、それだけ韓国が日本を意識していることの裏返しと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)