7日のスポット金は5営業日続伸。XAUUSDの終値の1108.90ドル。
1オンス1100ドルを上回り、2カ月ぶりの高値となった。
中国株の急落を背景に、安全逃避資産の金の買いが強まった。

7日のニューヨーク原油市場でWTI先物は大幅続落し、12年ぶりの安値。CL_の終値は33.25ドル。
中国市場が荒れた影響で、原油相場はバレル当たり30ドルが視野に入ってきた。
中国当局が株式市場のサーキットブレーカー規制の適用停止を発表したことから、金融市場の混乱は緩和された。(情報提供:東岳証券)