■パイプライン充実との見方も

 グリーンペプタイド <4594> (東マ)は8日も大幅続伸の始まりとなり、9時30分にかけ17%高の500円(74円高)まで上げて1014年10月に上場して以来の高値を更新した。

 2016年に入り、会社側の研究開発に関する発表などは特段でていないが、臨床試験中の「TK-1」(前立腺がん)を富士フイルムホールディングス <4901> の富士フイルムにライセンスアウト済みであるなど、パイプライン(開発中の新薬候補物質)に実現可能性の高いものが多いとして注目する様子がある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)