■bitFlyerとの提携後連続ストップ高の実績あり値幅妙味が

 リアルワールド <3691> (東マ)は6日、大幅続伸の始まりとなり、9時30分を過ぎて16%高の3940円(540円高)まで上昇。2014年9月に上場して以来の高値4565円(14年9月)に次ぐ戻り高値に進んでいる。15年12月17日付で仮想通貨ビットコイン取引などの株式会社bitFlyer(ビットフライヤー、東京都港区)との提携を発表し、翌日から2日連続ストップ高となったことがあり、株式市場で活況高となっている「フィンテック」(金融IT)技術関連銘柄のひとつとして人気が衰えないようだ。

 株価水準はPER100倍に近く、割高感が否定できない面はある。しかし、「フィンテック」関連銘柄は今年の株式市場の大きな物色テーマのひとつとされる。相場の変遷について「理想買いから現実買いへ」などと言われることと重ね合わせると、今は理想買いの段階に相当することになる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)