川崎近海汽船 <9179> (東2)は近海輸送と内航輸送を展開している。原油価格下落メリットなどで16年3月期業績予想は再増額含みである。5~6倍近辺の低PER、3%近辺の高配当利回り、0.4倍近辺の低PBRと指標面の割安感も強い。株価は11月の戻り高値圏から反落したが自律調整が一巡して出直り展開だろう。 ■近海輸送と内航輸送を展開、新規分野のオフショア支援船は16年竣工予定
・・・・

続きを読む