『2015年の日経平均は3年連続の1000円超える上昇』=2015年大納会の日経平均は前日比51円高の1万9033円と1万9000円台で取引を終えた。年間(対年末比)でみると、

■2012年12月末→13年12月末=約5900円上昇
■13年12月末→14年12月末=約1200円上昇
■14年12月末→15年12月末=約1580円上昇

 安倍政権がスタートした2013年は日経平均が6000円近い上昇となってアベノミクスを好感した。14年、15年はスタートの時ほどの勢いはないが、それでも1000円を超える値上がりとなった。

 個別銘柄でみればバラつきが見られるが、日経平均で捉えれば、「引き続きアベノミクスを評価し期待している」展開といえる。外交面では成果を挙げた安倍政権が、今後は参議院選挙、消費税(8%→10%へ)などを控え、大手企業社員だけでなく多くの国民が好況感を実感できる経済が求められる順番である。

 相場格言の、『大回り3年』の1つのサイクルが過ぎた。来年はアベノミクスの実力が試され・求められる、新しいサイクルの新年である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)