アジアをはじめとする世界の高速鉄道市場をめぐって熾烈な競争を繰り広げる新幹線と中国高速鉄道だが、2015年の受注競争は一進一退だったと言えるだろう。インドネシア・ジャワ島の高速鉄道は中国が受注したが、日本はインドのムンバイ-アーメダバード間で新幹線を採用することでインドと合意した。

 中国メディアの21世紀経済報道は12月31日、中国は2009年に高速鉄道に関する戦略として、ロシアを通っ・・・・

続きを読む