日本はかつて世界の液晶事業のトップランナーだったが、なぜ他国にその地位を奪われてしまったのだろうか。中国メディアの〓媒体は28日、液晶事業の世界的な競争の歴史を振り返る記事を掲載、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業がシャープに対して買収提案をしたことで、日本が「気分を害している」と論じた。(〓は金へんに「太」)

 液晶そのものはオーストリアの学者が発見したものだが、実際にさまざまな形で商品化・・・・

続きを読む