野村証券エクイティ・マーケット・ストラテジストの伊藤高志氏は、2016年のリスク要因をFRB(米連邦準備制度理事会)による追加利上げ時期と述べた。15年12月の会合で9年半ぶりに利上げが実施され、相場は落ち着かない状況にあるが、年4回の利上げを想定するFRBが次の利上げをいつ実施するかが焦点となっている。仮に年前半に利上げが実施されなければそれほど景気が悪いとの見方が強まるため、ここを無事に通過できるかが注・・・・

続きを読む