1980年代半ばから日本では国内企業の生産拠点が海外に移転し、国内産業が衰退する現象が問題視されるようになった。90年代には圧倒的に安価な労働力を持つ中国に生産拠点を移す企業が増えた。いわゆる産業の空洞化だ。人件費の上昇が続く中国でも産業の空洞化が問題になりつつある。

 中国メディア捜狐は「中国人の消費は減ったように見えない、しかし工場閉鎖は増えている」と論じる記事を掲載した。中国国内に・・・・

続きを読む