ビングループ[VIC](Vingroup)は24日、ホーチミン市と東北部地方フート省、メコンデルタ地方アンザン省の3省・市で、「ビンコム」ブランドのショッピングセンター(SC)3か所を一斉にオープンした。

  同市2区にオープンした「ビンコム・メガモール・タオディエン」は、用地面積9万m2で、タオディエン投資社(Thao Dien Investment)の高級マンション案件「マステリ・タオディエン(Masteri Thao Dien)」(面積8ha)の一環。これは、ホーチミン市内4か所目の「ビンコム」ブランドSCとなる。

  また、フート省ベトチー市とアンザン省ロンスエン市でオープンした「ビンコム・プラザ・ベトチー」(2万2000m2)及び「ビンコム・プラザ・ロンスエン」(1万5000m2)の2か所は、地元住民のショッピングや娯楽、飲食などに向けた新たな商業施設となっている。

  今回の3か所一斉オープンにより、全国における「ビンコム」の店舗数はホーチミン市4か所、その他8省・市12か所の計16か所となった。同社は2016年に全国で計50店舗の展開を目指している。(情報提供:VERAC)