大和総研経済調査部主席研究員の齋藤尚登氏は12月24日、「中国経済:生産年齢人口急減への対応」というレポート(全2ページ)を発表した。中国ではすでに2011年以降に生産年齢(15歳~59歳)がピークを打ち、今後は急速に生産年齢が減少していくと見通されている。この経済へのマイナスインパクトを回避するため、中国で来年から始まる「2人っ子政策」や農民工の“真の市民化”などの政策が注目されるとしている。レポートの前・・・・

続きを読む