日本には老舗企業が多く、100年以上続く老舗企業数は世界最多だ。日本製品は品質の高さで世界で高く評価されているが、それは企業の安定性とも関係があると言えそうだ。

 中国メディアの中国家電市場網は9日、「メード・イン・ジャパンから何を学べるか?」と題する記事を掲載し、中国製品と中国企業が競争を生き抜くためには、国民感情をひとまず置いて、日本企業の精神と理念から学ぶべきではないかと問いかけた・・・・

続きを読む