現代においてメード・イン・ジャパンといえば高品質の代名詞だが、かつては決してそうではなかった。過去には低品質の代名詞だった時代も存在し、現在のように世界が認めるまでに品質を高めることができたのは、戦後の日本人の努力の賜物と言えよう。

 一方の中国製品は現在、「安かろう悪かろう」の代名詞として認識されることが一般的ではないだろうか。中国メディアの千龍網は「鉄を打つには自分が強くなるべき」だ・・・・

続きを読む