中国経済の成長が鈍化し、中国の多くの産業が「規模の追求」から「質の追求」へと転換を迫られている。特に中国の製造業は安価な労働力を活用したこれまでの労働集約型から、技術力を強みとした知識集約型への転換が急務となっている。

 こうした経済環境の変化を背景に、中国では近ごろ、日本の「職人」や「匠の精神」といったものがにわかに注目を集め始めている。例えば、中国製造業が高度化を果たすには「匠の精神・・・・

続きを読む