大和総研経済調査部の海外リサーチ・ヘッドの児玉卓氏は2015年11月27日に「世界経済の長期停滞は中国のせい?」(全2ページ)と題したレポートを発表し、「新たな牽引役となるポスト中国の不在という、世界経済の新常態」について考察している。世界経済の「長期停滞論」を論じるのであれば、中国の「新常態」政策がもたらす影響に慣れなければならないという。レポートの要旨は以下の通り。

 10年前の20・・・・

続きを読む