誰も知らない中国調達の現実(243)-岩城真

  バイヤーという仕事柄交渉をよくする。バイヤーの仕事は、適切な条件で取引を成立させることであるから、交渉の必要がないほどサプライヤーが満足する条件、バイヤー企業にとっても満足できる条件を提示できれば、もちろん面倒な交渉はなくなる。しかし、現実の取引、特に中国サプライヤーとの大きな取引では、交渉力がその結果を大きく左右する。政治、販売、調達、あ・・・・

続きを読む