香港メディアの鳳凰網は1日、中国の2007年における債務残高は7兆4000億ドル(約892兆円)ほどで、国内総生産(GDP)の158%程度だったとする一方、現在の債務残高はGDPの300%に相当する30兆ドル(約3617兆円)にまで膨らんでいると伝えた。

 07年は世界金融危機がぼっ発した年に当たり、米国発のサブプライムローン問題に端を発し、世界が深刻な危機に直面するなかで、中国は総額4・・・・

続きを読む