中国の5カ年経済計画を議論する「五中全会」が10月26日~29日で開催された。次期5カ年計画(2016年~2020年)の具体的な内容は2016年3月の全人代で発表されるが、それに先駆けて、10月29日国営「新華社」が議論の結果として、「一人っ子政策」の廃止が決定されたと報じた。この決定に対し、大和総研経済調査部主席研究員の齋藤尚登氏が10月30日にレポート「一人っ子政策廃止でも生産年齢人口の減少は続く」(全・・・・

続きを読む