中国メディアの金融界は22日、中国の2015年7-9月期における経済成長率が6.9%にとどまり、中国経済の減速が鮮明となっていることについて、中国不動産バブルの背後で地方政府が債務問題の危機に直面していると論じた。

 記事は、中国で金融危機が起きる可能性を論じるうえで「危機への導火線」となりうる存在として不動産を挙げ、2015年1月以降、中国の不動産開発投資の伸びは鈍化し続けていることを・・・・

続きを読む