ラオックス <8202> (東2)が後場一段強い相場になり、13時を過ぎては6.2%高の377円(22円高)前後で出直りを強めている。中国の「国慶節」の大型連休(10月1日から7日)による訪日観光客の動向などが連想材料になっているようで、TASAKI <7968> は12%高。ブランドショップのセキド <9878> (東2)、中古ブランド品のコメ兵 <2780> (東2)も5%高から4%高となっている。また、投資家の一部では、「爆買い」対象品目の連想からオカモト <5194> 、相模ゴム工業 <5194> (東2)まで注目対象を広げる様子もある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)