中国メディアの新華社は27日、日本は2013年時点においておよそ325兆円もの対外純資産を保有する世界最大の債権国だと伝え、「円安がさらに進行すれば海外の資産価値はさらに上昇する」と伝え、日本企業は今なお国外で積極的に買収を行っていると論じた。

 記事は米国企業のデータを引用し、日本企業が国外で買収した企業の数は2005年以降で5000社に達したと伝え、「過去10年にわたって毎日1社以上・・・・

続きを読む