金は大幅上昇。FOMC議事録を受けて、米国金利引き上げが9月に行われるとの観測が弱まった。市場筋からは“米国のインフレが非常になだらかな点、また中国不安が重なり、利上げは12月以降になるのではないか”との声も聞かれた。現在は1134.26ドル付近での推移となっている。(11時40分現在)

 原油は大幅下落。市場予想を上回る在庫の増加で、需給関係にさらなる不安。現在は40.93ドル付近での推移おなっており、40ドルを割り込む可能性もある。注視しておく必要がある。(11時42分現在)

【本日の主な経済指標】

 21:30 米国 USDA・週間穀物輸出成約高-大豆(万トン)
 21:30 米国 USDA・週間穀物輸出成約高-小麦(万トン)
 21:30 米国 USDA・週間穀物輸出成約高-トウモロコシ(万トン)

 (情報提供:東岳証券株式会社)