12日のスポット金は5日続伸し、一時約3週ぶりの高値1125.65ドルを付けた。ドルが軟化したことに加え、中国の人民元切り下げに伴う懸念を背景に買われた。

 中国人民銀行(中央銀行)が12日に外国為替取引の目安となる基準値について、予想外となった2%の切り下げ水準よりもさらに低く1.6%を設定した。人民元の切り下げは世界的な株安をもたらし、リスク回避の為金は 安全資産として買われた。今回・・・・

続きを読む