小林製薬 <4967> は朝寄り後に9890円(260円高)まで上げ、2000年以降の高値を4営業日ぶりに更新する始まりとなった。昨27日に発表した第1四半期(4~6月)の連結売上高が前年同期比10%増加し、営業利益は34%増加するなど、全体に予想を上回る好調な決算だったとの見方が出ている。「熱さまシート」など猛暑関連の人気製品を持つため、全体相場が中国株の再急落などを受けて冴えない中、内需に強い好業績株として資金が集まる様子がある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)