モバイルクリエイト <3669> は14日引け後に発表した決算・業績予想を受けて大幅続落。前場に116円安(14.59%安)の679円まで売られ、1月22日の年初来安値を更新した。午後1時時点で東証1部の値下がり率トップとなっている。

 15年5月期は売上高52億3400万円(前期比23.6%増)、純利益11億1200万円(同2.3倍)で増収増益となったものの、純利益は従来予想の13億1000万円を下回った。沖縄のIC乗車券システム開発で、一部機能の要件定義遅延による一時費用が発生したことが要因。

 16年5月期は売上高67億1400万円(前期比28.3%増)、純利益4億9100万円(同55.9%減)を予想している。前期に石井工作研究所 <6314> の株式取得に伴う負ののれんを投資利益として計上した影響で、今期は減益となる見通し。(編集担当:松浦直角)