中国メディア「中国商報」は6月30日、江蘇省連雲港吉本多食品有限公司が、日本人に学んで品質管理レベルを高めるなどで、販路が大きく広がったとする記事を掲載した。

 記事は、連雲港市出身者からの伝聞で始まる。日本に行き飲食店に入ったところ、食材のオニオンソテーに連雲港吉本多食品有限公司製と表示されていたという。「ふるさとが連雲港市であることを、初めて誇りに感じました」という。
<・・・・

続きを読む