韓国メディアの亜洲経済の中国語版は26日、中国と米国経済の成長が鈍化するなか、韓国は内需と輸出のそれぞれが影響を受けていると伝え、「さらに円安の影響も加わり、韓国国内の消費環境にとって泣きっ面に蜂」と論じた。

 記事は、中国政府が2015年の経済成長率目標を7%前後とし、15年第1四半期の成長率が7%だったことを紹介、「09年以来、6年ぶりの低水準にとどまった」と指摘した。さらに、中国で・・・・

続きを読む