エム・エイチ・グループ <9439> は、剣豪集団(兵庫県神戸市)と大連幸福家居世界の投資子会社である潤首を組合員とする剣豪1号ファンドを通じたTOBに対する賛同意見を表明した。剣豪1号はTOBによりMHグループの過半数を取得する見込みで、TOB成立後も同社株式は上場を維持する。

  買付価格1株330円、買付代金は約19億円、買付期間は5月18日から6月12日、MHグループの取締役会長の青山氏は、TOBで50.81%を売却する。

  剣豪集団は、取締役会長の鄭剣豪氏が神戸に設立した機械部品商社で、2013年には神戸市東灘区のP&Gジャパン本社ビルを買収し、日中企業間のビジネス拠点として準備を進めている。大連幸福家居世界は、海外での不動産開発や株式投資を行う中国企業で、社長の王政国氏と鄭剣豪氏は北京大学OBを中心とする投資勉強会の会員つながり。

  剣豪集団は、MHグループの保有する美容技術やサービス、プロを養成する教育システムやフランチャイズを取り入れ、中国での美容サロン事業の拡大を目指す。(情報提供:M&Aキャピタルパートナーズ)