セイノーホールディングス <9076> は、日本政策投資銀行を単独の有限責任組合員とし、刈田・アンド・カンパニー他が運営する投資事業有限責任組合との折半出資による投資目的会社を通じて、ポラリス・キャピタル・グループが運営するファンドより、関東運輸(群馬県前橋市)の全株式を6月10日付で取得する。

  関東運輸は、チルド輸送に高い技術とノウハウを有し、北関東地域においてはチルド物流の圧倒的な配送密度を持つ地域No.1のドミナントプレーヤーであると共に、全国レベルでチルド配送に対応できるネットワークを保有している。15年3月期は、純資産4,563百万円、売上高19,295百万円、営業利益1,392百万円の見込み。

  セイノーは、本件買収により、今後の伸長が見込まれるコールドチェーンを追加し、常温・チルド・冷凍の三温度帯フルライン物流網を完備する。(情報提供:M&Aキャピタルパートナーズ)