韓国メディア・亜州経済の中国語版は21日、韓国の大手通信機器メーカー・タサン(茶山)ネットワークスが同日、「華為(ファーウェイ)韓国がヘッドハンティング企業を通じて社員に接触を図った」との情報を発表したと報じた。

 記事は、タサンが今月初めに華為韓国に対し、人材の引き抜きおよび商業機密侵犯行為をやめるよう要求するとともに、今後積極的な対抗措置を取るとする公開文書を提出したと紹介した。 ・・・・

続きを読む