ゼリア新薬工業 <4559> の株価は、下値固めが完了して切り返しの動きを強めている。15年3月期の減益見通しの織り込みが完了して強基調に転換した形であり、16年3月期の収益改善期待で出直りの動きが本格化しそうだ。

  消化器分野が中心の医療用医薬品事業、および一般用医薬品のコンシューマーヘルスケア事業を展開している。医療用医薬品事業では潰瘍性大腸炎治療剤「アサコール」、H2受容体拮抗剤「アシノン」、亜鉛含有胃潰瘍治療剤「プロマック」を主力としている。13年6月には自社開発新薬の機能性ディスペプシア治療剤「アコファイド」を発売し、アステラス製薬 <4503> と共同で早期の市場浸透を目指している。コンシューマーヘルスケア事業は「コンドロイチン群」「ヘパリーゼ群」「ウィズワン群」を主力としている。

  M&Aを活用してグローバル展開も推進し、08年10月基礎化粧品のイオナ、09年9月「アサコール」の開発会社ティロッツ社(スイス)、10年9月コンドロイチン原料のZPD社(デンマーク)を子会社化した。13年8月には、ビフォーファーマ社(スイス)と鉄欠乏症治療剤「Ferinject」の日本国内における独占的開発・販売契約を締結し、ZPD社の株式を追加取得して完全子会社化した。

  新薬開発は消化器分野を最重点領域と位置付けて、国際的に通用する新薬の創製を念頭に置き、自社オリジナル品の海外での臨床試験を積極的に推進するとともに、海外で実績のある薬剤を導入して国内での開発を進めている。

  14年8月にはエーザイ <4523> の新規化合物「E3710」(プロトンポンプ阻害剤:PPI)に関するライセンス契約を締結した。エーザイは当社に対して「E3710」の日本における独占的開発権、共同販促権、非独占的製造権を付与し、開発および製造販売承認は当社が行う。承認取得後は両社で共同販促を行う。

  14年9月には、日本で初めて月経前症候群の効能を取得した西洋ハーブ・ダイレクトOTC医薬品「プレフェミン」(要指導医薬品)を、全国の薬局・薬店・ドラッグストアで販売開始した。

  3月23日にはコンビニエンスストア向け滋養強壮ミニドリンク剤「ヘパリーゼ・アミノ」の販売開始を発表した。清涼飲料水「ヘパリーゼW」「ヘパリーゼWハイパー」および栄養補助食品「ヘパリーゼW粒タイプ」を販売しているが、滋養強壮ミニドリンク剤「ヘパリーゼ・アミノ」は疲労回復のための栄養補給を訴求した「ヘパリーゼ」ブランド初の指定医薬部外品である。

  今期(15年3月期)の連結業績見通し(10月31日に減額修正)は売上高が前期比3.2%増の640億円、営業利益が同26.4%減の50億円、経常利益が同26.5%減の50億円、純利益が同18.5%減の43億円としている。

  配当予想(5月13日公表)は年間30円(第2四半期末15円、期末15円)としている。13年10月1日付の株式分割(1株を1.1株に分割)を考慮すると実質的に前期比2円50銭増配となる。

  第3四半期累計(4月~12月)は前年同期比2.1%減収、同44.0%営業減益、同45.1%経常減益、同30.9%最終減益だった。医療用医薬品事業が消費増税の反動影響、薬価改定の影響、後発医薬品の使用促進の影響などで同10.8%減収と低調だった。ライセンス収入やロイヤリティ収入の減少、研究開発費や広告宣伝費の増加も影響して大幅減益だった。ただしコンシューマーヘルスケア事業はコンビニエンスストア向け「ヘパリーゼ群」が牽引して同11.1%増収と好調に推移している。

  四半期別の推移を見ると、売上高は第1四半期(4月~6月)147億15百万円、第2四半期(7月~9月)154億21百万円、第3四半期(10月~12月)156億46百万円で、営業利益は第1四半期8億58百万円、第2四半期14億21百万円、第3四半期10億61百万円である。

  通期見通しに対する第3四半期累計の進捗率は売上高が71.5%、営業利益が66.8%、経常利益が66.7%、純利益が73.5%である。やや低水準だが、コンシューマーヘルスケア事業の好調などで第4四半期(1月~3月)の挽回が期待される。

  来期(16年3月期)については、コンシューマーヘルスケア事業が引き続き好調に推移し、医療用医薬品事業も消費増税の反動影響や薬価改定の影響が一巡し、機能性ディスペプシア治療剤「アコファイド」の市場浸透も寄与して収益改善基調だろう。

  株主優待については毎年9月末および3月末現在の株主に対して自社グループ商品を贈呈している。1000株以上所有株主に対してはA・B・C・D・Eコースの中からいずれか1コース選択、100株以上~1000株未満所有株主に対してはFコースを贈呈する。

  株価の動きを見ると、直近安値圏1900円近辺で下値固めが完了して切り返しの動きを強めている。3月23日には2146円まで上伸する場面があった。15年3月期の減益見通しの織り込みが完了したようだ。

  3月25日の終値2093円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS80円95銭で算出)は25~26倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間30円で算出)は1.4%近辺、前期実績PBR(前期実績の連結BPS1105円78銭で算出)は1.9倍近辺である。

  週足チャートで見ると13週移動平均線に続いて26週移動平均線を突破した。強基調への転換を確認した形だ。16年3月期の収益改善期待で出直りの動きが本格化しそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)