ミクシィ <2121> は、国内最大級のチケットフリマサービス「チケットキャンプ」を開発・運営するフンザ(東京都渋谷区)の全株式を取得し、3月31日付で子会社化する。取得価額115億円、買収資金は全額を三菱東京UFJ銀行 <8306> から借り入れる。

  フンザ社は2013年の創業、同年4月よりチケットフリマサービスを開始し、スマホからのアクセスが80%超、14年12月の流通総額は約8億円と同サービスで国内最大級に成長している。14年2月期の売上高9百万円、営業損失7百万円、純資産51百万円。

  ミクシィは、自社のSNSサービス「mixi」との連携を図り、「モンスターストライク」で培ったノウハウを活用することで、急拡大するライブ・エンターテインメント、チケットフリマ市場において3年以内にシェア50%の獲得を目指す。(情報提供:M&Aキャピタルパートナーズ)