中国のニュースサイト「澎湃新聞」は16日付で、「日本の製造業の“黒い歴史”」を紹介する文章を掲載した。同文章は「日本製品も最初からすばらしかったわけではない」として、自国民の奮起を願ったとも読み取れる。

 文章はまず、第一次次世界大戦中の日本について「好況に沸いた」、「人々の購買能力は不断に上昇」、「ビジネスマンは一攫千金を夢想し、業界には『堅実な者はおろか』との気分があふれた」と紹介。・・・・

続きを読む