中国メディアの中国日報網は9日、2015年の春節(旧正月)期間中に約45万人の中国人観光客が日本で約60億円もの消費を行った可能性があることを伝え、中国人観光客が日本で買い求めたのは日本の“厳格な規格”であり、日本企業のクオリティ・コントロール(品質管理)によって生産された商品だと論じた。

 記事は、中国人観光客の“爆買い”によって一部の商業施設では洗浄便座が「品切れ状態」になったと伝え・・・・

続きを読む