中国メディアの北京青年報は7日、2015年の春節(旧正月)期間中に出国した中国人の数は519万人に達し、うち日本を訪れた中国人の数は40万人に達する見通しだと伝え、中国人観光客が今なお日本製品を買い求めることは「日本製は今なお極めて強い競争力を持つ製造業のリーダーだったことを証明するものだ」と論じた。

 記事は、日本を訪れる中国人の数が増えていると指摘したうえで、「日中関係が好転しつつあ・・・・

続きを読む