中国で、日本の鉄瓶が「人気沸騰」の状態だ。中国式茶道の「安吉白茶」の創設者である周海明氏によると、骨董品を中心に、価格は過去4年間で10倍以上になったという。中国メディアの台州商報などが報じた。

 周海明氏は、茶道具の収集家でもある。湯沸し用の道具としては鉄瓶だけでなく、銀製、銅製などを含め1000点以上を所有している。中でも、最も気に入っているのは日本の鉄瓶という。

続きを読む