3月期決算企業の第3四半期決算発表と並行して行われてきた12月期決算企業の本決算発表も終わり、それにあわせて12月期決算企業の今期の配当予想も出揃いました。こうしたなか新たな配当予想をもとに12月期決算企業の配当利回りをチェックしてみると、12月決算企業は3月期決算企業に次いで数が多いこともあって高配当利回り銘柄を比較的多くみつけることができます。

 そこで今回は12月期決算企業で高配当利回り2%以上の銘柄のなかから最高益更新予想となっているものをピックアップしてみました。そのなかには船井総研ホールディングス <9757> やアルプス技研 <4641> 、東計電算 <4746> のように配当利回りが3%を超えるものもります。また、配当利回り2%台の銘柄のなかからはブリヂストン <5108> やクラレ <3405> 、すかいらーく <3197> など馴染みのあるものをみつけることもできます。(執筆者:金山敏之 マネックス証券シニア・マーケットアナリスト 編集担当:サーチナ・メディア事業部)