エボラ関連銘柄が急騰。厚労省が29日午前、シエラレオネから帰国した邦人男性がエボラ出血熱感染の疑いで検査中と発表し、関連銘柄に思惑買いが入った。

 午後1時25分現在、防護服を扱うアゼアス <3161> は100円ストップ高(16.03%高)の724円、無菌アイソレータやエアカーテンなどを製造する日本エアーテック <6291> も100円ストップ高(14.45%高)の792円まで買われている。

 そのほか、発熱患者を検出用のサーモグラフィーを取り扱う日本アビオニクス <6946> や、マスクを生産する重松製作所 <7980> なども高い。(編集担当:松浦直角)