ミネベア <6479> は、2012年2月に業務・資本提携を行った日本政策投資銀行(DBJ)との第一回の共同投資により、産業用計測機器と工程検査機器のヨーロッパ大手であるザルトリウス メカトロニクス社の全株式(ミネベア51%、DBJ49%)を取得する。本件買収により、ミネベアの計測機器事業の年間売り上げは約270億円規模に拡大する。

  ミネベアの計測機器事業が得意とする車載、コンシューマーエレクトロニクス、ヘルスケア、産業機械の分野と、ザルトリウス社が得意とする食品、飲料、化学、薬品の分野を併せ持つことで、グローバルでの製品群の拡充とコスト、技術等のシナジーを見込む。(情報提供:M&Aキャピタルパートナーズ)