中国メディアの中国新聞社は15日、韓国メディアの中央日報の報道を引用し、韓国の大企業が残酷な人員削減を進めているとし、会社員らが「危機の年末」に直面していると伝えた。報道によれば、2014年9月までに韓国の大企業で2万7800人の会社員がすでに会社を退職したという。

 記事は、韓国ソウル市内のビルの食堂で開かれている忘年会の雰囲気とは裏腹に、ハンファ生命保険が入居するフロアは緊張に包まれ・・・・

続きを読む