中国メディアの汽車之家は2日、「自動車の安全性」に対する中国人の考え方は常に論争の的だったとし、最終的にはいつも「日本車」と「ドイツ車」のどちらの安全性が高いのかを巡って舌戦が行われてきたと論じる記事を掲載した。

 記事は、中国の自動車販売店では消費者が手で車のボディーやトランクを叩いて「自分なりに安全性を確かめる」光景がよく見られたと紹介。さらに、中国のネット上では日本車が事故で大破している写真とともに、日本車の安全性が低いと吹聴する書き込みがあることなどを伝えた。

 さらに、中国の消費者の固定概念として、「日本車の車体は鋼板がドイツ車や米国車に比べて薄い」というものがあると伝え、ボンネットなどを手で押してみた際、日本車は「へこむ」感覚があると指摘。

 一方、米国車などはボンネットの鋼板も比較的硬いとし、「こうした感覚が人から人へと伝わり、中国の消費者に鋼板の硬い車は安全であり、軟らかい車は安全でない」との固定概念を植えつけたのではないかと論じた。

 また記事は、自動車の衝突エネルギーを低減するうえではモノコック構造による強度などが重要な意味を持つとしながらも、「こうした知識を持つ中国人は少なく、今なお車体の鋼板の硬さにこだわっている」と指摘。さらに中国人はどのような車が安全性の高い車なのかを正しく理解したうえでこそ、日本車やドイツ車を正しく評価することができると主張した。

 続けて、欧米における衝突安全性テストにおいて、中国人が「鋼板が薄い」と蔑む日本車は常に高い評価を受けていることを指摘したうえで、中国人の考え方は「白でなければ黒」と短絡的に結論を下してしまうと主張。鋼板が薄いからといって、日本車の安全性が劣ると短絡的に考えてはいけないと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)